機動戦士ガンダム THE ORIGIN Ⅱ 哀しみのアルテイシア
THE ORIGIN Ⅱ

宇宙世紀0071年、サイド3ムンゾ自治共和国の議長だった父ジオン・ズム・ダイクンの孤児であるキャスバルとアルテイシアがジンバ・ラルと共に地球に逃れてから既に3年が経っていた。

その頃サイド3はジオン自治共和国と国名を変え、ダイクンを暗殺したザビ家が実権を掌握。


一方キャスバルとアルテイシアは、エドワウ・マスとセイラ・マスと名前を変えてテアボロ・マス家の世話になっていた。

二人はサイド3脱出以来平穏に暮らしていた、だがザビ家は地球に逃亡した二人を見つけようと躍起になっていたのだ。

そしてジオンは地球連邦軍に対抗する為の兵器としてモビルワーカーの開発に着手していた。
動画 動画 動画ランキング
dmm